少子高齢化と医療費高騰の日本で、「自分の主治医は自分」®という考え方を一人でも多くの方へ

日本の現状

【日本の現状】

 1.子供の病気・先天異常の増大

今、ダウン症など子供の先天異常がこの25年間で発生頻度が2倍に増えていること、小児喘息アトピーなど免疫異常、自閉症、学習障害などの発達障害の増加など、子供の健康をめぐり異変が多数報告されていることを受けて、2010年より環境省が母親の胎内に蓄積された化学物質が子供の発育は健康に与える影響について大規模で長期の調査に初めて乗り出しています(エコチル調査)。環境汚染の中にはもちろん農薬・添加物など食の汚染も大きなウエイトを占めています。危険な食材への理解不足、情報不足、関心の低さが危惧されます。また現在子育て中の若い世代では貧富の差が増大し、安価で劣悪な食材を選ばざるを得ない状態も考えられます。しかし、子供の数が減っている現在、子供の健康状態は彼らが日本の将来を支える上でとても大切な問題です。

2.毎年増える医療費、減らない生活習慣病

日本は現在、世界の2%という人口でありながら、世界の40%近い薬剤を使い、厚生労働省の統計によると、人口100万人当たりのコンピューター断層撮影装置(CT)の日本の設置台数は96.1台と、米国34.3台、ドイツ16.3台などを上回りました(2010年の調べ)しかし、がん、心臓疾患、糖尿病など生活習慣病と呼ばれる疾患は減っていません。厚生労働省が3年に一度行う「患者数調査」の2011年と2014年のデータは以下の通りです。

2011年    2014年

高血圧疾患 約906万人 → 1010万人

糖尿病疾患 約270万人 → 316万人

高脂血症  約188万人 → 206万人

心疾患   約161万人 → 172万人

がん    約152万人 → 162万人

脳血管疾患 約123万人 → 117万人

比較すると、脳血管疾患以外の患者数はすべて増加しています。

3.超高齢化社会がもたらすこれまで以上の医療費増大と、年金の減少

平成26年には高齢者一人に対して現役世代(15歳~64歳)2.4人であったのが、平成72年(2060年)には高齢者一人に対して現役世代1.3人(厚生労働省調べ)という世界がいまだかつて経験したことのない超高齢化社会に日本は突入しようとしています。年金はおそらく激減するか支給年齢を引き上げられ、医療費の激増は必至であります。しかし、国民皆保険制度のおかげか、長い間医療費は只だと思い、自分の健康を医者まかせにしたり、薬をたくさんくれる医者が良い医者だと思っている人がまだ大勢いるのが現実です。これからは、我々一人一人がその意識を変えないことには、膨大な医療費のツケがいずれ誰かに回ることになり、日本全体で考えるととても危険な事態となるでしょう。

【一般社団法人セルフメディコ協会の目的】~主体的予防医学と人材育成~

 以上の理由から、セルフメディコ研究会(旧)は、価値ある情報提供と、実際に自分が討論し関わることで意識の変化を促す場作りとしてのセルフメディコ元気塾を活動の基本とし、昨年7月にスタートしました。自分の健康やその費用について真剣に考える人を増やすことで、予防医学の意識を高め、薬の乱用、医療費の無駄使いを減らし、日本人の真の健康と、ひいては日本の経済に貢献することを目的とします。

セルフメディコとは、「自分の主治医は自分である」という姿勢を意味しています。

セルフメディコ元気塾の目指すものは以下のとおりです。

①病気とは自分が作り自分が治すものであるという基本スタンスに立つ

自分の自然治癒力を上げることで病気を治し、医者や薬に過度に頼らない

②治療から予防へシフトする

病気になってから慌てるのではなく、病気にならないために時間とお金をかけるという生き方をめざす

③健康を全体性の中で捉える

健康を体の臓器だけでとらえず、心・精神・家庭・社会・経済・仕事など全体性の中で捉え、より価値ある情報提供、情報共有をめざす

④人は皆、個性がありスペシャルな生き物である

万人に合う健康法はない、それぞれが自分を知り、自分に最適な健康法を模索できる場作りをする

この元気塾ではある特定の健康法なり商品なりを推薦推奨することはしません。

解決法よりも、もっとそれ以前の「知ること」に重点を置きたいからです。

食を含めた環境汚染の実態、活性酸素の問題、補完医療の実際とよりよい取り入れ方、心と体の関係、免疫バランスのことなど毎月テーマを変えて問題提起をし、参加者同士の意見交換の中から自分なりの健康法を模索してゆくことが目的です。したがって元気塾の開設者は講師ではなく、ナビゲーターという役割を担ってゆきます。できる限り両極端の情報も示し、それぞれの根拠にも触れ、意見の違いを認め、塾としての正解は出さないという方針を貫きます。塾に参加した方々の自主的な選択と、自分のこととして考える力を伸ばしていただき、またナビゲーターの人間的成長もこの塾のもう一つの目的であります。

【平成27年7月からのセルフメディコ元気塾の内容】

7月 食 「ココロとカラダを元気にする食~常識のウソ・ホント」

8月 環境汚染「おいしく便利な食品にひそむ怖ーい落とし穴」

9月 疾病「若年化する生活習慣病をどう予防する?」

10月 疾病「メタボと健康でリバウンドしないダイエット」

11月 免疫「免疫バランスとアトピー・膠原病の関係」

12月 心と体の関係「万病の引き金、ストレスとどう付き合う?」

1月 活性酸素「活性酸素がカラダに与えるすごーいダメージ」

2月 メンタルヘルス「心が病む時、心が悲鳴を上げる時」

3月 医療の活用法「病院・医者・薬に殺されないため知っておくこと」

4月 代替補完医療「生活習慣病、難病をあきらめない無限の治療方法」

5月 日本の現状「50兆円超えも遠くない医療費だれが払う?」

6月 スピリチュアル「祈りや呪い、まじないの治療効果をどう考える」

お気軽にお問い合わせください TEL 087-877-0116 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

直近のイベント

3月
4
10:00 AM 第15回 木太 セルフメディコ元気塾B
第15回 木太 セルフメディコ元気塾B
3月 4 @ 10:00 AM – 12:00 PM
第15回 木太 セルフメディコ元気塾B @ 平塚中央公園管理事務所 | 高松市 | 香川県 | 日本
今月のテーマ: カラダからのメッセージ 抑え込んでいませんか? 日時:2018年3月4日(日)10:00~12:00 ※お申し込み締め切りは2月 28日必着 先着20名様限定、定員に達した時点で締め切らせていただきます 会場:平塚中央公園管理事務所(高松市木太町5116-8 ミニストップ大池店の隣) 対象者:ココロとカラダの健康を本気で考えている方・これから考えたい方・医療従事者・補完医療従事者・セルフメディコナビゲーター希望者など大歓迎 受講料:一般 :1000円・SMCA会員 :500円   今月のカリキュラム 1.目の衰えから始まる老化 2.インフルエンザ、予防接種 受ける?受けない?? 3.自律神経失調症と言われたら何をする? 4.10年後の健康のため、今日から何かをはじめますか? 次月以降のテーマ 4/7 ストレスとの上手な付き合い方 5/13 さぁっ!生きるぞ!賢い患者のススメ 6/未定 4人に一人が高齢者の日本、どう生きぬく? ※毎月テーマを変えて勉強します。テーマや日程は予告なく変更することもあるので最新の日程をご確認ください。 お申込み方法 下記用紙をダウンロードしてFAXまたは、メールに添付してお申し込み下さい。 クリックするとダウンロードページにリンクします。→ kita15  お申し込み書は、PDF形式で保存されています。 閲覧には、Adobe Acrobat Reader DCなどのPDFビューアーが必要となります。 お使いの環境で閲覧出来ない場合は下記のバナーをクリックしてAdobe Acrobat Reader DC ソフトウェア(無料)をインストールしてください。 また、上記ファイルがダウンロードできない、開けない方などは、こちらのお問い合わせページからお問い合わせ内容に「第15回 木太教室 セルフメディコ元気塾B」申し込みと記入してお申し込み下さい。
3月
7
1:30 PM 第10回 坂出かきのは教室 セルフ...
第10回 坂出かきのは教室 セルフ...
3月 7 @ 1:30 PM – 3:30 PM
第10回 坂出かきのは教室 セルフメディコ元気塾 @ 坂出市 かきのは | 坂出市 | 香川県 | 日本
今月のテーマ: 心配しすぎは心臓病、正義感強すぎは肝臓病? 日時:2018年3月7日(水)13:00受付開始 13:30~15:30 ※お申し込み締め切りは2月28日必着 先着15名様限定、定員に達した時点で締め切らせていただきます 会場:坂出市 かきのは (香川県坂出市江尻町1224 TEL: 0877-35-7787) 対象者:ココロとカラダの健康を本気で考えている方・これから考えたい方・医療従事者・補完医療従事者・セルフメディコナビゲーター希望者など大歓迎 受講料:一般:1000円  セルフメディコ協会会員:500円 今月のカリキュラム 祈りが遺伝子のスイッチをオンに? 性格と病気の関係について 性格は変えられなくても、人生は変わる? 心の筋トレ、明日からひとつチャレンジしてみよう 次月以降のテーマ 4/7 認知症に朗報!プラズマローゲンってなんだ? 5/10 8020運動、歯を守るために何が大事? 6/6 我慢・忍耐・努力が心の健康にマイナス? ※毎月テーマを変えて勉強します。テーマは予告なく変更することもあるので最新の日程をご確認ください。   お申込み方法 下記用紙をダウンロードしてFAXまたは、メールに添付してお申し込み下さい。 クリックするとダウンロードページにリンクします。→kakinoha10  お申し込み書は、PDF形式で保存されています。 閲覧には、Adobe Acrobat Reader DCなどのPDFビューアーが必要となります。 お使いの環境で閲覧出来ない場合は下記のバナーをクリックしてAdobe Acrobat Reader DC ソフトウェア(無料)をインストールしてください。 また、上記ファイルがダウンロードできない、開けない方などは、こちらのお問い合わせページからお問い合わせ内容に「第10回 坂出かきのは教室 セルフメディコ元気塾」申し込みと記入してお申し込み下さい。
3月
17
10:00 AM 第20回 仏生山 セルフメディコ元...
第20回 仏生山 セルフメディコ元...
3月 17 @ 10:00 AM – 12:00 PM
第20回 仏生山 セルフメディコ元気塾ミドルクラス @ 仏生山公園管理事務所集会室 | 高松市 | 香川県 | 日本
今月のテーマ:すべての薬に、副作用ってあるの? 日時:2018年3月17日(土)10:00~12:00 ※お申し込み締め切りは3月10日必着 先着20名様限定、定員に達した時点で締め切らせていただきます。 会場:仏生山公園管理事務所 (TEL:087-888-5010) 対象者:ココロとカラダの健康を本気で考えている方・これから考えたい方・医療従事者・補完医療従事者・セルフメディコナビゲーター希望者など大歓迎 受講料:一般:1000円  セルフメディコ協会会員:500円   今月のカリキュラム 自由に買える薬、買えない薬 薬はリスク 益々増える医療費 ス病院・薬局の付き合い方を考えてみましょう 次月以降のテーマ 4/21 増え続ける医療費ついに42兆円! 5/19 安全な食品・危険な食品 6/16 生活習慣病って薬で治る? ※毎月テーマを変えて勉強します。テーマは予告なく変更することもあるので最新の日程をご確認ください。   お申込み方法 下記用紙をダウンロードしてFAXまたは、メールに添付してお申し込み下さい。 クリックするとダウンロードページにリンクします。→bussyouzan20  お申し込み書は、PDF形式で保存されています。 閲覧には、Adobe Acrobat Reader DCなどのPDFビューアーが必要となります。 お使いの環境で閲覧出来ない場合は下記のバナーをクリックしてAdobe Acrobat Reader DC ソフトウェア(無料)をインストールしてください。 また、上記ファイルがダウンロードできない、開けない方などは、こちらのお問い合わせページからお問い合わせ内容に「第20回 仏生山教室 セルフメディコ元気塾」申し込みと記入してお申し込み下さい。
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人セルフメディコ協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.